セフレ探し ばれない

セフレ探しを周囲にばれないようにやるコツ

最近、サイトを使ったセフレ探しにハマっています。夫や子供には全く罪悪感を感じません。むしろこういう方向に走った私のことを家族は誰も責められないと思います。専業主婦の私を家政婦やベビーシッターのようにこき使う人たちにとっては、私はそれまでの存在だと思うからです。

 

毎朝、夫を送り出すとパソコンの前に座ってサイトを開き、セフレ探しをするのが日課になっています。そしてサイト内で手頃な男性を見つけると会う約束をします。その後、子供を敷地内同居の姑に預けて「派遣の仕事に行く」と嘘をついて男性に会いに行きます。

 

私がセフレとして選ぶ男性は、30代の営業マンが多いです。サイトで必ず子持ちの既婚者かどうかを確かめることにしています。私も既婚であることをサイト内で伝えておけば、互いに同じ条件となるため、後腐れのないプライバシーを尊重した関係が築けるため好都合です。

 

誰に見られても怪しまれないように営業マンはスーツ、私も会社員風のスーツ姿で会うことにしています。過去に街中でママ友に遭遇したことがありましたが、あえてこちらから堂々とご近所さんに挨拶をして、男性には派遣先の上司の振りをしてもらって切り抜けたこともあります。そういうことも全て会う前からサイトで打ち合わせています。ホテルは、少しぐらいお金がかかってもシティホテルを利用するようにしています。多分周囲からは商談をするサラリーマンぐらいにしか見えないと思うからです。

 

大阪府 20代 女性 主婦